2008年05月01日

宮之浦の噴水

宮之浦の街中にミニ噴水がある。銀行、居酒屋、住宅などが立ち並ぶ一角にある憩いの場。
宮之浦の街中
屋久島に来る前は、住むなら公園の近くがいいと思っていた。なぜなら、公園は開発されることがなさそうだし、緑がたくさんで広々していて、家の近くなら自分の庭感覚で散策できそうだから。
公園から遠かった頃は、休みの日になるともっぱら公園で過ごすことが楽しみであった。実に大勢の人々がいた。本を読んでいる人、お弁当を食べている人、昼寝をしている人、絵を描いている人、ウオーキングをしている人、ボール遊びをしている小さな子供。凝縮された緑の一角に集まってくるのは、人間ばかりでなく、植物も虫たちも土を求めてそこに居た。
しかし屋久島に移り住んでからは、そんなことは考えなくていいくらいの環境で、すっかり忘れていた。
ミニ噴水
宮之浦は屋久島の中でも一番の中心街なので、ここに住むとしたらやっぱり公園のそばがいいなと思い返した。小さな噴水からは水が湧き出て、立ち止まってくれる人を待っていた。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 18:58| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。