2008年05月31日

ポニーの赤ちゃん

ポニーの赤ちゃんとご主人尾之間の山手に、7年前埼玉県から移住されたご夫婦が経営している乗馬体験施設『ぱから×3』がある。1年半前オープン。県道沿いに看板があるのですぐわかる。
「馬が3頭居るのですか?」と尋ねると、「“ぱから、ぱから、ぱから”という意味です」と奥さん。この乗馬体験施設には、サラブレッド3頭(オス1頭、メス2頭)、ポニー2頭(メス1頭とオスの赤ちゃん1頭)と、オスの対馬(つしま)馬1頭がいる。
1ヵ月ほど前に生まれたポニーのオスの赤ちゃんは、とても可愛い。まだ人見知りをし、母親の影に隠れてしまった。母馬がポニーで父馬がつしま馬。つしま馬は初めて見たが、とても愛嬌のある顔をしていた。

とんぼ玉体験工房「地元の幼稚園児や小学生の子供に人気があるんですよ。遠足で来られたりします。また、シーソーやブランコも私の手作りで、皆さんに喜んでもらっています」とご主人。見ると、大人でも歓声をあげるようなブランコやゆらゆら揺れるイスがあるではないか。
乗馬体験のほかに、奥さんが趣味で始めたとんぼ玉作り体験もできる。

屋久島の夏の暑さは馬たちにはキツイようで、水をかけてあげると喜ぶとか。「ヒズメの手入れが大変なのと、長期で留守ができないことがありますが、馬たちに囲まれての生活は楽しいです」とお二人。
・ 乗馬体験 子供500円、大人1000円
・ とんぼ玉つくり体験1500円
「屋久島で馬と暮らす」ブログ
http://62301178.at.webry.info/

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:48| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。