2008年07月29日

安房の夏まつり〜後編

安房の夏まつり〜開演前より続く)
午後6時半、準備が整いいよいよ「2008年やくしま夏まつり」のスタート。最初はお楽しみ抽選会の当選者発表から。続いて、安房港内を漁船パレード。
夏まつり7.jpg
(説明文を書くゆとりがなかったので写真のみの掲載でしたが、8/22に、やっと記事を書きました。お待たせです)
岸壁の消防車は、最後の花火のための備え。その向うを、数十隻の漁船が次々に通る。
夏まつり8.jpg
燃料高騰の情勢をはね返し、トビウオ漁師の意気を見せる。いつもは海の男の職場の船が、今日は子供さんや家族の乗る団欒の場。
夏まつり9.jpg
午後7時、安房港の祭り会場に設置された舞台上で、おなじみの芸能大会が始まった。屋久島の人は芸能が本当に好きだ。踊り(ダンスや日舞)も歌(なぜか演歌系が多い)も大層盛んで、島中に同好の会(サークルや流派など)がある。トップバッターは「演歌クラブ」。
夏まつり10.jpg
ひときわ注目を集めたのは、サーヤちゃんとマナカちゃんの女の子二人の踊り。去年も人気だったという。踊りの調子を合せるのは互いを見ながら。なんとも可愛い。
夏まつり13.jpg
地元安房のフラダンスサークルの登場。後半はお母さんグループが出演するが、前半は若年組の小学生と中学生。揃いの衣装がかっこよい。
夏まつり
舞台上にスタンバイしてから、いよいよダンスのスタートの瞬間。暗くてはっきり写りませんでした。
夏まつり11.jpg
祭り会場にはたくさんの屋台が並び、人々がひしめく。今日は、南部だけでなく北部(宮之浦や小瀬田など)からもたくさん。浴衣姿の女の子が多かったのは、「安房音頭」踊りに大勢出演したからだとあとでわかった。
夏まつり12.jpg
夏まつり実行委員会の本部テント。両町合併して2回目の「やくしま夏まつり」。町の大事な行事なので今日は本部詰めと話す日高町長。
夏まつり
『上(上屋久)と下(下屋久)とが一つになれば、暮らしは栄える、ほんに屋久島ヨカところ』と、「安房音頭」の歌詞にあるように、旧上屋久町と旧屋久町のしきりが取れ人々の心が解け合えばよいと、祭りの夜の夢は広がる。
町長のごあいさつが終ると、芸能大会は後半へ。
夏まつり
前半の二人組みは南部の女の子たちだったが、後半の二人組は北部の可愛い女の子。ややお姉さん(?)出演者も来場者も、昨年に増して北から来ている人が多いとか。
夏まつり14.jpg
本格的な津軽三味線と民謡を聞かせてくれたのは、千葉県から参加の姉と弟。将来は、「吉田兄弟」をしのぐだろうとか。
夏まつり15.jpg
夏まつり芸能大会のトリを努めますのは、島の人が皆ご存知の山崎なみ子さん。惚れ惚れする踊りっぷり。私は一応昨年からのファンです。
夏まつり16.jpg
午後8時、会場の照明を全部消して、恒例の大花火大会。花火一発うん万円、うん十万円、と言うのはこの際は野暮。屋久島でも、祭りに花火は欠かせない。
夏まつり17.jpg
新聞に千発(二千発?)と書いてあった花火は、近くで見ていて迫力満点。離れても見ごたえがあった。屋久島の真っ暗闇の空を、閃光で切り裂き火花をちりばめ、ドスンドスンとこだまが返る。
夏まつり18.jpg
安房川にかかる県道橋から花火見物する人々も多かった。春田浜(海水浴場)から眺める人も。
帰りの道は、原を過ぎるまでも延々と車列が続いたのは言うまでもない。去年に懲りて、私は少し早めに出立してグッド。
夏まつり19.jpg
当日の写真をこの他にも多数、季節の屋久島写真集(夏まつり特集)にアップしました。ブログに載せられなかった芸能大会の様子を、よかったら見てください。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 17:37| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十六ササゲだと思う

十六ささげ無人市に十六ささげが売られていた。豆が16個入っているから十六ささげというらしい。長さ40センチくらい。ちなみに三尺ささげというものもあるが、見た目は同じで、長さが60センチから1メートルと言われている。私が買ったのは40センチくらいだったので、たぶん十六ささげだろう。または、三尺ささげの短いのかもしれない。
どちらも高温でも生育が良く、夏野菜として人気がある。ごま和え、炒め物に重宝する。

夏はまだまだ続く。7月だというのにすっかりバテ気味。酢を水で薄めて飲むと夏バテにいいらしいと友達に聞いたので、早速やってみた。酢だけだとさびしいので、酢の中に赤シソを漬け込んだシソ酢を作った。水で薄めて飲むようにしている。ほんのりシソの香りで飲みやすい。シソは一晩酢につけるだけで鮮やかな赤色のシソ酢ができる。

(夏まつりの続編、もうちょっと時間がかかります。パソコンが言うことを聞かなくて、写真の整理が進みません・・・で、今日はみーさん作の記事です。ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。
posted by みー at 09:14| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。