2008年12月05日

湯泊神社大祭の話し

先月行われた湯泊の祭礼の話し。ちょっと古くなるが、最近会社の仕事が忙しくて、ブログの文章にする時間がなかなか取れないのだ。
湯泊神社
11月23日、湯泊神社大祭があり笠踊りが奉納された。湯泊地区の神社は、県道から山手に急な階段を上り詰めたところにある。笠踊りは、町の無形民俗文化財。江戸時代末から明治時代初めに、湯泊海岸に漂着した糸満人が教えたとされる。
湯泊大祭笠踊り
踊る前に、神社にお神酒をまつる。区の婦人の方々が皆にお神酒をふるまう。その後、笠踊りを奉納。
境内で湯泊区民の見守る中、伝統的な踊りを区民の男性が踊った。二人一組になってバッチョ笠を持って、一人の歌い手の男性に合わせて踊った。
湯泊大祭笠踊り
棒を持って踊る棒踊りなども続いた。歌は民謡ふうで歌詞の意味はわからないが、おごそかな感じであった。浴衣姿に5色のたすき鉢巻で、足ははだしである。昔はこの日に七五岳参りをしたものだが、近年は登山をしていないそうだ。
湯泊大祭棒踊り
このような伝統を受け継いでいく人が絶えることがないように願うばかりだ。湯泊地区は若い人が少なかったが、最近では移住者も少しずつ増えてきて活気を取り戻しつつある。
NPO法人緑の風をきっかけに移住された親子の方も加わったようだ。子供のいる人が移住するのはどこの集落でも大歓迎を受ける。

参考:
屋久島★移住記: 大祭(湯泊)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:58| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。