2009年03月06日

Y子さんと庭の植物(6) ブロッコリー

お隣のブロッコリーおなじみY子さんの庭の植物シリーズ。
「去年の10月に、エーコープから100円のブロッコリーの苗を3個買いました。近所のおじいちゃんに肥料を入れてもらい、地植しました。パオパオという虫除けネットをかけて育てて大きくなったので、それをはずしました。
50cmを越えるくらいになってきたら、葉っぱも大きくなり花の食べられるところが少しずつ大きくなってきました。クリスマスにひとつ食べました。ちょうどのその頃ですか、朝起きてみると葉っぱの上に1cm×3cmほどの大きさのたくさんの糞が落ちていました。

糞の中にはオレンジ色のぶつぶつがまざっていました。この犯人はどんな虫なんだろう、きっとでかい芋虫なんだろうと考えながら、葉っぱの裏をめくったりその辺を探したりしましたが見つかりません。
逃げ足の速い芋虫なんだろうか。次の日も次の日も葉っぱがどんどん穴だらけになっていったのです。毎日、大量の糞を水で洗い流すのが朝一番の仕事になりました。

葉のないブロッコリー1月中旬になると、とうとう葉っぱはぼろぼろで軸だけになってしまいました。ある朝いつもより早く起きて、そおっとブロッコリーの様子を見てみると、グレー色の鳥がバタバタと音をたてて2〜3羽飛び立ったのです。そのあとには、ふわふわの産毛がブロッコリーの上にかかっていました。近所のおじいちゃんに聞くと、ヒヨドリだろうとのことでした。

ここまで葉っぱがやられるともう花は大きくならないだろうとあきらめていましたが、すくすくと大きくなり食べられるようになりました。3個とも無事に食べ終えることが出来ました。
それにしても、すぐ近くにあるおじいちゃんの畑のブロッコリーはまったくやられていないとはいったいどういうことか?私はヒヨドリになめられているのかもしれません」
(写真上の青々したのはお隣のブロッコリー)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:10| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。