2009年03月12日

資格を生かす

総合病院と福祉施設不況で離職した人のために国や県が職業訓練をするというが、屋久島で資格を生かして仕事をするなら鬼に金棒ではないだろうか。
では、いったいどんな資格がいいのだろう。美容師、調理師、介護士、看護師、薬剤師、マッサージ師、保育士、整備士、大型免許、自動車二種免許などなど、たくさん思い浮かぶ。

その中で、求人が多くしかも資格を持っている人が比較的多いのが介護関係なのではなかろうか。現に私の周りでも、介護の仕事に携わる人は少なくない。二級ホームヘルパーを持ちながら3年間働いて介護士の資格を取った人や、すでに介護士を持っていて移住してきた人もいる。
いずれにしても、介護という仕事はどこへ行ってもあるし、景気に左右はされずらいと思う。不景気だからといって年は取るし、介護が必要な人は出てくるものだ。

介護施設いずれはわが身と思うと他人事ではない介護の仕事。子育てが終わりひと段落した主婦にとっても、やりがいのある仕事ではないだろうか。生活に密着している主婦の可能性を十分発揮できるからだ。
ホームヘルパーの場合、介護といっても身体介護のみならず家事もこなす。料理・洗濯・掃除などをはじめ、お年寄りの言葉に耳を傾けて聞き役にも回れば信頼関係が生まれる。
しかし、賃金のわりには重労働ということで介護の仕事からの人離れがあり、本土のほうでは海外から人材を入れているという話を聞く。

資格を取るときは、取りやすい資格ということも重要だが、向き不向きもあるだろうし自分にあっているものにするのが大切だ。資格は生かしてこそ資格。
屋久島に住んで、屋久島で働くと決めたら、ぜひとも手に職をつけたり資格を持って、屋久島に来ていただければと思う。それも屋久島で使えそうな資格がよい。どんなに立派な資格を持っていても、屋久島で生かせる場がなければなんにもならない。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:00| 鹿児島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。