2009年07月03日

入山規制とトイレ事情

荒川登山口トイレ2011年から屋久島の入山規制が実施されると、少し前の新聞に書いてあった。山岳トイレの問題が限界に来ているが、これでやっと前進することになるのかもしれないと思った。
トイレ問題については、これまで見て見ぬふりというか、手をこまねいて対策を怠っていたと言われても仕方がない。縄文杉など屋久島の自然の素晴らしさの陰で、トイレ事情に不満を感じた登山客は少なくないと思う。限られたトイレに並んだり、トイレがなくて登山道を外れて用を足したりとか、不便を強いられてきたのではないだろうか。

荒川登山口トイレヨーロッパの街中ではトイレは有料のところが多いが、お金さえ払えば綺麗なトイレがそれほど待たずに使える。無料の公衆トイレに慣れた日本人には最初抵抗があるかもしれないが、旅行中快適に過ごせることを考えれば大した金額ではない。
屋久島を旅行中の登山客の場合も、多少のお金を惜しむとは考えにくいし、お金を払ってでも綺麗に整ったトイレがあるほうが絶対いいのではないか。少なくても私はそう思う。登山中のトイレは便利で綺麗で使いやすいほうが、屋久島のイメージにとってもいいはず。

私が登山をしない理由は、トイレ事情が整っていないから。散歩させている犬の糞は飼い主が持ち帰りましょうの問題よりも、人間のほうを先に考えてくれたほうがいいかも。
入山規制についてトイレとは別問題との意見がある。また、行政は住民の声をきちんと聞くべきだとの意見が多いしその通りと思うが、身近で切実な問題をまずなんとかしないと。観光で生きていく屋久島にとって、避けて避けきれない山のトイレ事情なので、重点的に改善する必要があるのでは。

関連記事:
≫入山料導入の記事
≫山のトイレ続編
≫山のトイレ
参考:
≫観光客増、荒れる世界遺産…屋久島に11年度から入山制限(読売新聞 2009/6/20)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。