2009年08月13日

夏の蝶(屋久島のお盆)

横河渓谷今日からお盆休み。お盆は、ご先祖様の霊があの世からこの世へ帰ってきてまた戻っていくまでの伝統的儀式。地域によってやり方は異なるが総じて田舎はお盆の行事を大切にする。ところが、屋久島のお盆は意外と簡素だ。

夏の蝶々人が死ぬとその人の霊魂が小さな動物や虫になって訪れるという話をよく聞く。あの世に行く前に残った家族に挨拶するためだとか。連れ合いがなくなって蝶になって戻ってきたと、知り合いの方も言っていた。
これは誰かの霊のご挨拶ではないと思うが、水色の蝶々は横河渓谷で見た。小さくて動きが早く止まってくれず、上手く写せなかった。

夏の蝶々別の一匹は原の県道沿いにいた。近づいてもぜんぜん動かない。道路に甘い蜜でも落ちていたのだろうか。
車に引かれないように。風に吹き飛ばされないように。
原の直線道路は車で飛ばす人が多いから、スピード違反の検問も時々やっている。ご用心を。

お盆の記事:
≫屋久島のお盆

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:07| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。