2009年09月25日

あさどり市

無人市屋久島にたくさんある無人市には、たいてい名前が付いている。集落の名前とか、バス停の名前とか、山の名前とかだったりする。
尾之間に、「朝採り市」という名前の無人市がある。朝採りたての新鮮な野菜というイメージにぴったりの名前ではないか。
みずみずしい野菜が並んでいる。普通、朝並べて夕方残ったものを下げるが、ほとんど夕方には残っていない。完売すると、作物を作った人の喜びもひとしおだろう。

どこの無人市でもそうだが、お金をきちんと入れない人もたまにいるらしい。100円で新鮮な野菜が手に入るのに、100円を惜しんでお金を入れない人の気が知れない。
無人だから誰も見ていないと思っているのだろうが、実は野菜たちが見ている。
並んで人間に選ばれるのを待っている。売れ残るとさびしそうに取り残されている。お金を払わずに連れて行かれた野菜は、しょんぼりして生気が減るだろう。

無人市関連記事:
≫今年も黄色いスイカ
≫無人市巡り
あと「無人市」で検索していただくとたくさんの記事があります。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。