2008年06月18日

屋久島との出会い

湯泊在住の中島明彦さんから写真と文をいただいた。屋久島に家を建てたわけなどが書いてある。今日明日の二回にわたって掲載するのでご覧ください。

『初めて屋久島と出会ったのは、今から約4年前。
何かに「呼ばれたような」感覚だった。
それは、「偶然の中の必然性」とでも呼べるような感覚。
永田の海岸
初めて訪れる屋久島には、信じられないほどの「美しさ」があった。
海の美しさ、山の美しさ、川の美しさ、滝の美しさ。

特に、気に入ったのは、田舎浜、白谷雲水峡、横川渓谷、そして、大川の滝。
全てが感動的で、どことなく懐かしさもあった。
白谷雲水峡
「ここに住んでみたいな」
そんな自然な感情がこみ上げてきた。

さっそく、屋久島パインさんにお願いして、土地を見せてもらった。
いくつか見て、最後に出会った場所が湯泊(ゆどまり)。
ここは、島の南西部、空港から車で45分のひっそりとした場所。
横川渓谷
そこは、海と山に囲まれた「大人の遊び場」。
目の前には海が広がり、背後には山々が連なり、川のせせらぎも聴こえる。

そこにいるだけで、心が洗われ、体中が透明になっていく。
そして、体中の細胞が踊りだす。
大川の滝
島の人々との素敵な出会いの連続。
そんな「人とのつながり」で、私は、ますます屋久島に深くのめり込んで行った。』

続く・・・
(写真提供は中島さん。上から、永田の田舎浜、白谷雲水峡、横川渓谷、大川の滝)

中島さんのブログ「屋久島半分、東京半分」
http://plaza.rakuten.co.jp/visionarylife/

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:37| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。