2008年07月01日

不景気のときは?

東京と屋久島を行ったり来たりする生活も、先月で三年目に入った。
東京に戻ると、駅のゴミ箱が消えていた。7月7日洞爺湖サミットの警備のためだそうだ。本社前の路上でも、検問が連日行なわれている。世界経済の問題を話し合う先進国トップの人たちも、CO2削減やら食糧危機やら原油高やら経済格差やら、難問だらけで大変だろう。七夕は、男女の一年に一回の逢瀬に相応しい。
サミット検問
当社は屋久島専業の不動産会社。アメリカのサブプライムローン問題をきっかけに金融不況が世界を襲い、今年に入り業界に不景気という言葉が飛び交うようになった。産業の基幹となるエネルギーや原材料、食料価格の高騰が重なり、世界経済の停滞感は強まっている。石油価格の高騰に沸く中東を例外として、中国・インド・ロシアなど新興国も成長が鈍化しているという。富める者と貧しい者の差はますます開き、ここ数年の世界は一層の不安定に向かわざるを得ない。
日本でも金融引き締めが強化され、住宅ローンの審査が厳しくなるなど、米不動産バブル崩壊の影響が及んでいる。通常、景気が悪いときは金融緩和で流動性を増やそうとするものだが、ドルが必要以上に刷られているのでそれもままならない。
新聞記事
ガソリンや食品など、毎月物価が上がっていく。こんなときは逆に不動産が買いかもしれない。大手は(一部を除き)それほど売り急いでいないが、中小業者の中には換金を急ぐ所もある。もっとも屋久島は、需要が多く供給が少ないので土地の価格は高止まりしている(バブル期に比べればずっと低いが)。しかし相続などもあり、売り物件は少なくない。銀行審査が厳しいのでローンは難しいが、その必要のない方にはいまがチャンスという見方もできるのでは。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 10:40| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。