2008年07月01日

杉を見に淀川登山口へ

先日、梅雨の晴れ間に淀川登山口まで車で上った。高度が上がるにつれ、霧とガスが出てくる。
淀川登山口のトイレ
淀川登山口にはトイレ管理募金用の箱が置いてある。鹿児島銀行が大口の寄付をしてくれたそうだが、肝心なのは山に登るひとりひとりの心がけだろう。
山の石楠花
ヤクシマシャクナゲの花の頃は6月末までは持たないようである。もう少し早く来れば、山の石楠花の盛りが見られただろうに残念。
山の石楠花
がんばってまだ咲いている花と、散り行く花の対比がなんともいえない。石楠花はほとんど散って、山の主役を森の杉に譲った後。
淀川登山口の森
淀川から下りる途中に、屋久杉の名木がいくつかある。ねじれ杉は、奇妙な自然の造形美。ポツポツの雨が時々強く降ってくる。
ねじれ杉
林道を通すときに切られる運命だった杉の命を、道路を迂回させて救った営林署の職員の名がついた川上杉。
川上杉
推定樹齢約三千年の紀元杉は太さが8mを越える。近くに大きな切株が残っているが、よく切られずに永らえたもの。山の石楠花を見に来たつもりだったが、森の杉に元気をもらった。
太い幹の紀元杉
ここからしばらく下るとヤクスギランド。機会があったらまた杉の森を見に来よう。
(ミナミ)

関連記事:
≫山のトイレ続編
≫山のトイレ

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 20:32| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。