2008年07月22日

皆既日食ワークショップ

日本で46年ぶりの皆既日食までちょうど一年。NPO緑の風は7月19日、『2009年皆既日食を考えるワークショップ』を東京有楽町駅前のかごしま遊楽館で行った。夏休みと連休が重なり参加者は少数だったが、皆既日食で浮上するさまざまな問題を討議する中身の濃い内容となった。

満月に願いを(中島氏提供)皆既日食は太陽が月の影に隠れる現象だ。21世紀最大の天体ショーといわれる2009年皆既日食は、地球の自転につれ、小笠原諸島から薩南諸島、中国の上海から揚子江流域へと観測可能な地点が移動する。観測時間は、最長の悪石島を含むトカラ列島が6分台、屋久島南部が4分台と、地域によって異なる。ただし、部分日食は日本全国で見ることが可能。
来年の本番を前に、ようやく皆既日食ムードが盛り上がってきたようだ。この週末は、鹿児島県内各地で音楽祭や体験ツアーなどのプレイベントが開催された。
準備が出遅れた感があった屋久島では、15日の対策協議会で受入の基本方針と受入可能人数を決めたとのこと。続きは、屋久島から緑の風ブログで。
(月の写真は中島氏提供。ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 18:13| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。