2008年09月16日

里の秋風景

今年初めての台風が近づいている。早ければ今日にも屋久島を直撃すると言われていたが、台湾付近にずっと停まっていて、おかげで屋久島のブログ(たくさんある)で毎日、台風関連の話しが載っていた。
山ぶどう
台風も屋久島の風物詩のひとつだが、このところ里を歩くとさまざまな秋風景に出会えるのがうれしい。
山ぶどう
山ぶどうが色づいて食べごろだ。酸っぱくて、子どものころ野山で遊んだ記憶を呼び戻す。自然の植物の中には食べられるのと食べられないのとあるので、地元の人に聞くのが無難。
カヤツリ草
安房の神社前の空き地に、カヤツリ草の群落があった。線香花火のような姿をしているので「草花火」とも呼ばれる。生れ故郷の悪ガキどもとむしって遊んだ昔がなつかしい。
カヤツリ草
13号台風は、一旦中国に向かい、また台湾に引き返し停滞している。中国に嫌われたのか、よほど台湾が好きなのかと、屋久島の人々は冗談を言いながらも、窓や屋根の補強をしたり台風対策に余念がない。明後日18日か19日に本当に来そうになっているからだ。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 19:38| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。