2008年09月22日

町営住宅の抽選方法

原区の町営アパート町営住宅の申し込みと抽選方法が変わった。上半期(2月頃)と下半期(8月頃)の年二回のみ受付となり、申込者の収入などの資格審査をし、該当者に対して抽選会を行う。選ばれた人の名簿を作り、その後、町営住宅が空き次第、抽選で当たった人が名簿の順番で入居する。
なので、抽選で当たってもいつ空きが出るかわからないので待機するしかない。空きがすぐ出るとも限らない。今までと違い、一世帯一地区のみの抽選会にしか参加ができない。掛け持ちでいくつもの地区の抽選会に出ることができないのだ。

町営住宅は、以前から倍率が高く、入居したくてもできない人が少なくない。島外からの申し込みもできるが、屋久島町民のための住まいなので、入居したら住民票を移す必要がある。
また、単身者の入居できる地区、建物は限られる。単身でも入居できる地区は、宮之浦、安房、尾之間の町営住宅となっている。32uはあるので単身者でも充分な広さだが、風呂がないため温泉などを利用しなければならない。必要な場合は増築して自費で風呂を作ることができる。ただし、退出のとき基本的には取り壊して出なければならない。単身者用に家族で申し込むことももちろんできる。
地区によって入居希望者が多いところと少ないところがあるので、住みたい地区を限定している人でなければ、希望者が少ないところの抽選会に行くというのもひとつの方法ではあるが、空きがいつ出るかはわからない。
新しい制度になったので、島外から屋久島の町営住宅入居をお考えの方は、屋久島町役場建設課住宅管理係までお問い合わせを。
0997−43−5900

関連記事:
≫町営住宅の近況

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:11| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。