2008年11月04日

秋の花見(コスモス二題 その二)

昨日のみーさんに続いて、今度はミナミの番。かっこよいコスモスの写真は、他のブロガーさんにお任せ。
麦生のコスモス畑

秋の花見
淡紅(うすべに)の秋桜が秋の日の何気ない陽溜りに揺れている・・・

コスモスというと、我々世代は山口百恵のこの歌(さだまさし作詞・作曲)を想いうかべる。作られたのが1977年だから、戦後の高度経済成長を遂げて一度目のオイルショックから立ち直った頃。ニューミュージックが全盛で、屋久島の人の好きな演歌や歌謡曲も絶頂期を迎える。なんといっても経済が右肩上がりで、今日より明日の生活の方が良くなるという希望を持てた時代だ。
麦生のコスモス畑
コスモスの和名は秋桜だから、コスモス畑の見物を「秋の花見」と洒落てみたい(普通は言わないらしいが)。
麦生の県道に「満開中」「下の畑にもコスモスあり」と看板が出ていて、島中から花見客が押し寄せるのを歓迎しているかのようだった。「水土里サークル」とあるので、麦生集落の方々がグループを組んで、農水省がすすめる「農地・水・農村環境保全向上活動」を行なっているのかもしれない。景観形成のため農地にコスモスを植栽していると、看板にも説明がある。

ここ麦生は、県道沿いに紫陽花の花を植えたり、花壇の四季の花を絶やさないようにしたりと、来島客をおもてなしする心を大切にしている集落のひとつだ。1980年には、農林水産祭のむらづくり部門で天皇杯を獲得した輝かしい歴史もある。
麦生のコスモス畑
ところで、私はこの連休に「レッドクリフ PartI」を観た。三国志の赤壁(レッドクリフ)の戦いを描いた映画だ。屋久島にいま映画館が無いから映画を見ようと思うとDVDか鹿児島まで行く必要があるが、東京にもどってきたので住まいの近くの映画館が詰まったなんとかコンプレックスという所に行った。文化の日だからではなく、冒険活劇が好きだから見た。(いまでも映画はスターウォーズが一番と思っている)高校時代に三国志に憬れて中国好きに拍車がかかったので、見逃すわけにはいかなかったという事情もある。

屋久島には文化が無い、と言う人に時々出会う。都会の基準だとそうかもしれない。優れたプロフェッショナルな文化に接する機会は確かに少ない。しかし、文化のベースを創造=想像とするならば、多様な自然がある屋久島で想像力をかきたてられないはずはない。文化が無いという言い方には、逆にその人自身の文化的寂しさを感じてしまうのだ。
麦生のコスモス畑
赤ちゃんにコスモスの花を見せにきたおじいちゃんおばあちゃんの家族連れや写真を撮りに来た人、キャッキャッ騒いでいる人たち、麦生のコスモス畑はかしましい。車もいっぱい。
ここまで有名になってしまうと、天気の好い日に他の見物客を写さないで花の写真だけ撮るのは難しい。最初の写真は、海へと続くコスモス畑の連なりを県道から撮ったもの。次の写真の「祭り 左折」、四番目の「・・・右折」と看板に書いてある「祭り」の意味を知っている方がいたら、ぜひ教えてほしい。「コスモス祭り」が行なわれたのだろうか?それともこれから?

九州新幹線が全線開通する2011年になると、屋久島の来島客はもっと増えるという予想がある。何せ国をあげて観光、観光という時代だ。お花畑や薬草園、農業体験施設を整備して滞在型観光メニューを拡充するなど、グリーンツーリズムを見直そうとの機運もある。“水の島”屋久島のきれいで豊富な天水や海洋深層水を活用して産業振興しようというプランも島の一部で語られている。時代の変化に対応してこそ、変わらない屋久島の自然の尊さが生きるというものだろう。
麦生のコスモス畑
コスモスの花の茎は細く、かすかな風にも揺られ、じっとしてくれない。ずっと待ち続けても、キレのいい写真を撮らせてくれない。陽溜りで揺れつづけるからこそコスモスなのだ。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:01| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読ませて頂いています。

>文化のベースを創造=想像とするならば、
>多様な自然がある屋久島で想像力を
>かきたてられないはずはない。
>文化が無いという言い方には、逆に
>その人自身の文化的寂しさを
>感じてしまうのだ。

本当に、そうですね。
私は屋久島へは3度しか訪れたことが
ないのですが、いつ来ても変わらない
風景。
それどころか昔の古き良き日本の風景を
彷彿させる。
とても懐かしくて心が温かくなる。
今、日本は効率という言葉に
踊らされ、便利さと引き換えに
心を置き去りにしている気がする。

いつまでも変わらない風景
それが、ほんとうの形なのかな。
Posted by やま at 2008年11月04日 18:08
やまさん、コメントありがとうございます。
年配の方に聞くと、屋久島の昔の風景はいまとずいぶん違ったそうです。いま前岳は杉の人工林となっていますが昔は照葉樹林だった、屋久杉も奥岳にたくさんあったそうです。安房の町も海岸もコンクリで固めてしまって、街に情緒のあった頃の繁盛が嘘のようにすっかりさびれたとのこと。人間は自然の風景を変え続けているのでしょう。便利さを追求して、自ら作り出したものすら否定し続けるのかもしれません。
そんな人間社会ですら瑣末なことと包み込んでしまう大きさが屋久島にはあるような気がして、人間の存在は寂しいと書きました。文化が無いと言った方を非難しているわけではなく、ちっぽけな人間でも何かを創り出す力があると言いたかったのです。

私の故里神奈川の懐かしい風景は、野山の自然です。いつの頃か、高速道路と新幹線が田園風景を分断しました。屋久島は離島なのでそこまでのことはないでしょう。大自然の象徴が屋久島なのかもしれませんが、都市近郊を除き日本の田舎にはどこでも懐かしい風景がまだ残っています。守るのに遅いということはありません。
人類は地球の最悪・最大の寄生者ですから、これからも繁栄していくためにはそのことを自覚し、考えて行動しなければいけないと思っています。
Posted by ミナミ at 2008年11月04日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。