2008年11月12日

地域公共ネットワークセミナー

ネットセミナー11月6日に開催された「平成20年度地域公共ネットワークセミナーin屋久島」に参加した。主催は、総務省九州総合通信局と屋久島町。鹿児島県が後援。
「離島におけるブロードバンドの整備と利活用」と題して、鹿児島大学学術情報基盤センターの升屋正人氏、「地域情報化がもたらす効果」として、総務省電子政府推進員の柳田公市氏のお話だった。次はその概略。

ブロードバンドゼロの町村をなくそう、情報過疎地をなくそうということで、さまざまな取り組みがされている。特に離島のブロードバンド整備が困難といわれている理由に、費用の問題がある。高齢者の多い島では、ブロードバンドを使う人が少ないということもあるだろう。離島は台風被害や塩害を受けやすいというのもある。離島におけるブロードバンド整備の担い手は島民にかかっているが、自治体による協力も可能。

インターネットの接続部は、専用線、衛星インターネット回線、海上長距離無線LANなどがあり、地域内ネットワーク部は、有線、無線LANなど。島内ネットワークの成功例として、平島(たいらじま)ではWDS方式を三台設置することで全区間安定稼動した。現在屋久島ではブロードバンドはあるものの、全島を網羅するには至っていない。それが解決すると地区格差も少なくなり、移住者の選択肢も広がるかもしれない。

ネットセミナーまた、現代はインターネットを通してブログなどで生の情報を入手することが可能になった。例えば屋久島から情報を発信しているブログは多数あるが、島に住んでいる人には当たり前のことでも島の外に住んでいる人にとっては新鮮な情報がまだまだたくさんある。地元の何気ない資源が観光客をひきつけることもある。
人の心を捕まえるとリピーターも増える。良いことはじわじわ、悪いことは一瞬にして伝わる。宣伝費をかけなくても、口コミで宣伝も可能。

ケータイのインターネット活用で、沖縄のしまPashaは観光客が観光客を呼ぶという口コミ情報のサイトだ。このように、使い方一つでいろいろな可能性を秘めている。ガイドブックなしでもリアルタイムで情報を取り入れることができれば、ケータイ片手に旅ができるだろう。
インターネットは、一歩間違うと危険な領域に子供たちが入り込む可能性があるが、それさえ回避できれば必要不可欠なものだろう。これからもどんどん進歩していくであろうインターネットの世界だが、ネット上のかかわりだけではなく、人と人との直接的なつながりを忘れてはいけない。それが根本にあってこそのものだ。


以上が話の概要。いま屋久島では、志戸子から平内までの間はADSLが通っている(一部入らない場所もあるが)。その他の地域は、今のところISDNだ。21年3月末までに、吉田、一湊地区にADSLが来る予定だそうだ。ケーブルテレビが来る予定は今のところない。

参考:
≫総務省九州総合通信局 セミナーの報道資料

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。