2008年11月16日

生まれ故郷の屋久島へUターン

Fさんご夫妻安房在住のFさんは、屋久島生まれ。中学校卒業と同時に屋久島を離れ、昨年大阪出身の奥様と大阪から屋久島へUターンされた。
「長年トヨペットに勤務していて、定年退職したら急に生まれ故郷の屋久島が懐かしくて、67歳でやっと戻ってきました。妻(70歳)も最初は見知らぬ屋久島での生活をためらっていましたが、今では少しずつ慣れ、庭仕事も楽しそうにやっているようです。
屋久島の家は、親父が住んでいた家。親父が亡くなった後は他人に貸していましたが、その方が出られてからは私が受け継ぎ、手を入れて修理をして住むことにしました」とご主人。

「私は車の免許がないし、近所に家も少ないので静か過ぎてさびしかったですが、犬のケンちゃんを飼ってからは散歩に繰り出して出歩くこともあり、だいぶ屋久島に馴染みました。都会から移住して奥さんが屋久島に馴染めない人もいる、と聞いていたので人事ではありませんでしたが、主人のふるさと屋久島はとても素敵なところです。先日、娘と孫が遊びに来て庭でバーベキューをして、庭になっているバナナを食べて喜んでいる姿を見ると、来てよかったなと思います」と奥さん。

ご主人の趣味は、家の中でパソコンでマージャン、トランプ、将棋をすることだそうだ。反面、都会的な奥様は案外、野の花や自然に目を向けて暮らしているのだから不思議。
屋久島犬の血が混ざっているケンちゃんは、子犬の頃Fさんの家の近くで震えていたのを発見され、Fさん夫婦と一緒に暮らすことになったという。ガリガリだったケンちゃんは少しずつ体力を回復してきたが、餌をあげていても散歩に出ると野良だったときの癖が抜けず拾い食いをするという。そんなケンちゃんを不憫に思いかわいがるFさんご夫妻。
静かに心豊かに暮らすご夫婦に出会うと、ほっとした気持ちになる。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:40| 鹿児島 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Uターンも奥様の決意があって実現したことと思います。敬意を表します。大阪が恋しくなればフェリーとバスを乗り継いで往復29,400円の旅。わたしのいつものコースです。
Posted by FS Osaka at 2008年11月16日 10:17
私も早くUターンしたいです。15歳で屋久島をはなれて22年、子供を育むなら屋久島ですよね。モッチョム岳を毎朝みて、おはようと叫びたい。くさびを釣って食べたい。いそもん取りもしたい。空気がうまい。最近までうおまちって魚町だと思ってました
Posted by 名古屋のみなみ at 2008年11月16日 16:51
移住者の私から見ても屋久島はすてきなところだから屋久島生まれの方にとっては自慢のふるさとですね。
Posted by みー at 2008年11月18日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。