2008年11月30日

屋久島移住シンポジウムの二回目

第2回屋久島移住シンポジウムNPO緑の風は11月22日、「エコエリア、エコライフによる移住の受け皿モデルづくり」をテーマに、二回目の屋久島移住シンポジウムを東京で開いた。屋久島移住シンポジウムは、屋久島らしい移住のありかたを考えるのが目的。
第2回は、10月25日に屋久島で開いた第1回を受けてのものだった。地元と移住者が協力し、世界遺産の環境保全と地域経済発展の両立を、屋久島らしい移住の受け皿モデル(=屋久島モデル)の形成によってめざそうという内容で、元上屋久町議会議員柴鉄生氏の基調講演と、菊池淑廣氏(屋久島メッセンジャー)、利根川治夫氏(ふるさと回帰支援センター)、コーディネーター星野智子氏(環境パートナ ーシップ会議)等によるパネルディスカッションの議論が進められた。詳しくは緑の風ブログで。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 13:58| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。