2009年01月05日

小瀬田の古都蕗(ことぶき)

エルさんの食べ歩きレポートは、今年も絶好調です。
『小瀬田地区に「古都蕗」というお食事処がある。昔風の趣のある建物が印象的。県道沿いに駐車場があり、おとなしい老犬が番犬をしている。
古都蕗
そこから緩やかなのぼりの石畳を歩いていくと、石の階段が見えてくる。階段を登るのはしんどいなんて思わせないような不思議な雰囲気だ。少し歩いていくとまっすぐに植林された杉が何本も立ち並び、小川のせせらぎも聞こえてくる。
古都蕗
よく手入れされた階段を軽く登り終わると、黒っぽいどっしりとした建物が見えた。聞くところによると石畳や階段それに建物は店主の手作りだとか。もちろん料理も手作りなのだが。
食事は予約制で昼の部は2000円、夜は3000円。土日月火のみ開店。
古都蕗
この日のメニューは、チレダイのあんかけ、大根の煮物、シメサバ、おひたし、エビのカルパッチョ、紫いものごはん、ほうれん草と豆腐の味噌汁、デザートはコーヒーとぜんざいまたはケーキが付く。
古都蕗
それにしても、テーブルの横においてあった火鉢は懐かしい。昔はどこの家庭にでもあったものだが。鉄瓶で沸かしたお茶の美味しさもまた格別であった。
一見すると時代を遡り江戸の世界に入ったような雰囲気でもある。ここは本当に隠れた穴場。お忍びで来るにはおすすめである。』

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:06| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。