2009年02月26日

屋久島の海を伝えるサカナヤ狸

 報告:エル・バガブンド

 食べ歩きも屋久島の宝庫である宮之浦へと足を延ばした。位置は自宅の安房からは島の反対側、凡そ20kmの距離なので、初めて車を使って(これからもそうなる)出かけた。
魚屋たぬき
 目指すは、聞き伝により一番宮之浦では食べてみたかった料理、サカナヤ狸の寿司である。場所は、県道から宮之浦川沿いに少し下って、銀行の裏側に入る目立たぬ所にあった。
 客筋は、やはり聞き伝えで来るという地元の方がほとんどのようだ。店内は意外にこじんまりしていて、カウンターには7席、奥の方には8人位が座れる座席がある。
お通し
 メニューは刺身、寿司、鍋物、酢の物、地物などなど。品数は豊富である。先ずはつまみとビールで乾杯して、メニューを見ながら寿司、アラ鍋、地物を注文する。
 仕事一途で無口な亭主が、当日に港に揚る新鮮なものを仕入れて捌き、丹精込めて造るこだわりの品々である。もちろん、このお店では造る料理の量も限られてくるので、全てが予約制となっている。
お寿司盛合せ
 今日の寿司ネタは港に上がった鯖、鯛、イカ、カジキ、カツオ、赤い白身の魚、などなど。お寿司は、にぎりの盛合せを注文すると分厚いネタの載ったものが9個出てきた。口に入れて噛むと、ネタの方は一度で噛み切れず、普通のにぎり寿司のゆうに2倍もある厚さである。
 アラ鍋は、今朝港に上がったからと鯛のお頭が出てきた、ボリュームもたっぷりありラッキーである。食べ終わるとお腹も満腹になってしまった。
鯛のアラ
 最初に食べた地物の茄の田楽はなかなかの味わい深い味で、ビールをついお代わりしてしまった。ただでさえ新鮮な材料のネタで美味しいお料理なのに、気心の合う人と一緒に味わうと美味さも倍増して、食べていることに感動さえ湧いてくる。
茄の田楽
 屋久島で海の幸を楽しみたい人には、自信を持ってお奨めできる、絶好のスポットだ。
(写真もエルさん提供)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:55| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。