2009年07月09日

まんげつ たなばた まつり

一昨日(7月7日)は宮之浦の総合自然公園で、「まんげつ☆たなばた☆まつり」があった。皆既日食と同じ月の満月の夜、それも七夕の日に、屋久島の大自然の中で宇宙のつながりを感じようと、前々から準備していたものだという。
七夕まつり
集った人の多くは移住者だったようだ。事前にスーパーなどでチラシが張り出されていたので、観光客と思われる人の姿もあった。
午2時から、七夕の飾り付けや「あげあい」というリサイクル品をあげっこするコーナーなどがあったそうだ。
七夕まつり
私が行った夕方からは、芝生の上に座りお弁当を広げる人たちがいた。小さな子供や犬が楽しそうに走り回っていた。
お祭りといっても、公園を使う決まりで出店があったわけではないが、主催のアースデイ屋久島実行委員会のK子さんが、「早い者勝ちだよ」といって手作りの美味しいカレーを振舞ってくれた。会費は志だった。
七夕まつり
5時からのライブはちょっと遅れて始まって、地元バンドの方々などが多数出演した。ハング、口琴、ジャンベ、サックス、ギターなどなど。

辺りが暗くなると、あらかじめ用意されたローソクに火が灯された。地球とそのまわりの惑星をイメージして、それぞれローソクが置かれた。
七夕まつり
ローソクの光は温かみがあり、とてもいいものだ。
人々がローソクの周りに集まってきて、写真を写したり、ゆっくり眺めていたりした。バンドの音楽に合わせておもいおもいに踊りだしたり、自由気ままな時間が過ぎてゆく。
七夕まつり
「満月ライブ」の名の通り、空には満月が出て、自然公園の賑やかさをみまもっていた。
屋久島は娯楽が少ないが、若者たちはこの場に集い、情報交換し、話が弾んだ。月明かりの元の音楽と踊りとおしゃべりが彼らにとっての素敵な時間の過ごし方なのだと、みんなの笑顔をみて感じた。
七夕まつり
夜9時ころ七夕祭りは終ったが、後で聞いたところ盛り上がって12時頃まで残っていた人も居たそうだ。K子さん、お疲れさまでした。

≫まんげつ たなばた まつりのプログラム

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:15| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。