2009年07月31日

水・トイレ問題

町民から考えるトイレの会環境シンポジウム町民から考える会「水・トイレ問題」皆既日食直前対策会議開催と題して7月16日(木)安房総合センターで会が開かれた。主催は体験教育者ヤクシマーズ。
共催の宮司さんによると、山や里の観光ポイントのトイレ破綻で屋久島に住む我々の飲み水があぶないということで昨年から取り組んできた「水・トイレ問題」を町民の意見をどこまで活かせたか?水・トイレ事情の現状はどうなっているのか?解決への道筋が応急的にはみえてきたものの、残る重要な課題があるという。
会の活動として環境シンポジウム、トイレ掃除、し尿運搬、トイレパトロールなどのボランティア活動、関係諸機関へ情報提供や交換、環境活動としての堆肥化への道、普及活動としては環境文化村での展示コーナーの設置など。

宮司さんによると携帯型高性能浄水器をし尿を自然に戻すときに使えないだろうかと言う活用方法の話もでた。
「この会はこれからも定期的に行います。まだ結論は出ていません。会に賛同していただける人なら誰でも参加できます。私たちが取り組んだことを報告しあっています。私が取り組んでいるのは生ゴミ用の土に戻る袋の中へ用を足し、そこへ安房の有吉さんがつくっている好機性菌の培養した粉末状のものを振り入れるとにおいもなく水分も吸収しそれを畑に戻すと言うやり方をしています。汚物の入ったその袋はわれわれが山から回収して畑に埋めています」と宮司さん。
トイレや水に関する問題にもっと多くの人に関心を持ってもらいたいとのことだった。この日集まったのは20人ほど。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:28| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。