2006年07月04日

巨大な流木

流木2永田のいなか浜に巨大な流木が3本流れ着いていた。
直径50cm位で長さは10m位。
海に向かって横に並べられていた。



流木の木肌誰かがベンチの代わりに置いたのかと思ったほどだった。
断面には異国の文字が。木肌はささくれ立っている。
茶色のとがった毛並みみたいに逆立っている。
動物みたいだ。


流木見事にまっすぐに伸びきった流木はそこに落ち着いている。
船で運んでる途中に落ちたのだろうか。
材木になるはずのものだったのだろうか。


一緒に行ったお客様が輪切りにして持って帰りたいなと言った。
大波が来てまた海に戻りはしないか、はたして次回行くまであるかどうか。


posted by みー at 12:00| 鹿児島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当社のお客様のブログに関連記事がありました。
ジェットフォイル・トッピーとぶつかって故障させたものの正体が鯨ではなく、実はこれだったらしいです。

ブログ  流木日記& etc
http://blog.ryuboku-art.net/?eid=73792
Posted by パイン at 2006年07月14日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。