2006年09月20日

台風13号

尾の間の街中屋久島では台風13号は17日の午前中に強風になった。しかし、午後に風は治まった。
屋久島は人家への被害がほとんどない。移住者の人に聞くと「もっと凄くて怖いと思っていましたが台風って屋久島では意外とたいしたことは無いですね。ただ停電する場合がありそれが不便なだけです。怖いのは風より停電です」という声がちらほら。
地元の人は「今回の台風はそよ風だったねえ」と言った。
実際に私も12年屋久島に住んでいるが、これはひどいと思う台風は11年前に一度経験済み。11年前の台風は地元の人もひどいと言っていた。そのときでも瓦が飛ばされる家があったくらいなのだ。

テレビのニュースでは鹿児島本土などの被害状況が流れている。
屋久島の人は台風が来る前には慣れた手つきで台風対策をする。家の窓などに補強で木を打ちつけたりする。雨戸の無い家の窓には木の板が張られている。街中は人がおらず閑散としている。車こそ通っているものの、よほどの用事が無い限りは出歩かないという。
海は荒れているから台風が去っても船は欠航することがよくある。17日に帰る予定だったお客さんは一日帰る日が延びた。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(住まい) ←よかったらこちらもお願いします。


posted by みー at 04:44| 鹿児島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
停電ですか。東京では殆どありません。
年に何回ぐらいありますか?
また復旧にどれくらい時間が掛かったりします?
Posted by BJ at 2006年09月20日 19:35
今回は停電はありませんでしたが大きい台風が来るとたいてい停電します。復旧はすぐのときもあるし丸一日停電することもあります。年に5回くらい停電し生活に支障ある長い時間停電するのは年に一度くらいです。電気製品は長持ちしない感じです。私はなれているけれど都会から来て始めての人は信じられないようです。
Posted by み at 2006年09月21日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。