2006年09月22日

ゴーヤ

ニガウリゴーヤの種を取るときは熟すまで待ってから。
緑色のゴーヤがだんだん黄色くなってくる。ブヨブヨしてくる。中で種が熟成されているようだ。
手で持っただけで実がほぐれ中から真っ赤な種が出てきた。ちょっとグロテスクな赤。聞くところによるとその赤い部分は甘いとか。食べる気はしなかったのだが。そのドロドロの赤い膜を取ると中に茶色い硬い種が入っている。

ニガウリの種ゴーヤは別名ニガウリとかツルレイシとか呼ばれている。ビタミンCが豊富で夏ばてにはぴったり。
苦味があるので好まない人もいる。食べ方は豚肉や他の野菜と炒めたり、茹でて酢醤油をかけたりして食べる。あまり苦味を感じない食べ方として、茹でて水気を切ってからマヨネーズと味噌少々とゴマ少々であえて食べる。それから天ぷらなども合う。
来年のためにその赤い種を蒔いた。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(住まい) ←よかったらこちらもお願いします。


posted by みー at 00:25| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。