2006年10月07日

八幡神社大祭と棒踊り

八幡神社大祭1平内の八幡神社の大祭は旧暦8月15日に行われる。今年は10月6日(金)がそれに当たる。祭神は誉田和気命(ホムダワケノミコト)。10時から宮司さんによる神事が行われた。
平内は屋久島で移住者が一番多いため、集落の行事に参加する移住者の人の姿もちらほら。
お供え物は果物の盛り合わせ、塩サバ、焼酎、餅、米、野菜など。神事の後お神酒と小さく丸めた餅をいただく。そのあとで青年団による「棒踊り」が奉納される。

八幡神社大祭2ゆかた姿に鉢巻を締め、三色の帯をたすきにかける。手甲、脚はん、わらじを履く。踊るのは集落の男性ばかりだ。六尺棒と三尺刀を持って境内で踊る。師匠の本踊の歌で。歯切れの良い勇ましい踊り。
伝承芸能のためか小学生がたくさん見学に来ていた。未来の「棒踊り」保存会の跡継ぎになるべく子供たちに、この場をしっかりと見つめてもらうのだろう。伝統行事が確実に受け継がれるように。

棒踊り最初、「棒踊り」と聞いたとき「盆踊り」と勘違いした。棒踊り保存会という会があり日ごろ練習を続けている。棒踊りには地元で生まれ育った人の本能的な力強さが感じられる。よそ者の私には分からない神々しさとでもいうべきか。
棒踊りが予定より早く終わってしまったので遅れていった私は少ししか見ることが出来なかった。写真も一枚しか取れなかった。来年は早めに行こう。
(続く)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活) ←よかったらこちらもお願いします。


posted by みー at 09:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

祭り休暇。
Excerpt: 人気blogランキングへ 秋です、故郷の鎮守様の お祭りのシーズンです。 最近、本来の縁日、すなわち例祭日に おまつりを行わず、日曜日に行う地域が増えています。 白鷹思うに、 ..
Weblog: 白鷹の叫び!
Tracked: 2006-10-07 15:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。