2006年10月08日

十五夜の綱引きと子供相撲

子供相撲その夜(10月6日)、十五夜の綱引きが行われた。
十五夜と綱引きとどういう関係があるのかは定かでは無いという。行事の趣旨は根底には、五穀豊穣、家内安全、豊漁を願ってのものであるそうだ。

子供から大人までが綱引きに参加する。綱引きはあっという間に終わった。そのあとの綱をほどき、ほぐし土俵を作る。土俵の上で子供たちが年齢別に相撲をする。参加した子供はお菓子がもらえる。ライトで照らされた土俵の上で子供たちの歓声が聞こえる。
十五夜の晩に何故綱引きかと理屈で考えても分からない。先人から伝わる行事なのでどうしてと考える人もいないのだろう。

追記:
十五夜の綱引きのいわれが移住された方のブログに書いてありました。
→屋久島の日常: 綱引き
→nikkei BPnet 屋久島メッセンジャー: 十五夜の綱引き

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活) ←よかったらこちらもお願いします。


posted by みー at 08:39| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

十六夜。
Excerpt: 人気blogランキングへ 暦の関係上、本日が満月。 十六夜といいます。 お月見は今日もできますよ。 九州の月は綺麗です
Weblog: 白鷹の叫び!
Tracked: 2006-10-08 16:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。