2006年10月16日

ふるさと回帰フェア〜当日

ふるさと回帰フェア110月13・14日東京大手町でふるさと回帰フェア2006が開催された。屋久島パインは「不動産情報コーナー」で、来場のお客様に屋久島移住をご案内。
カヌーを持って行って屋久島で遊びたいという年配のご夫婦。来年ぜひ行きたいわというご婦人。3年後に日食を見に行くよという旦那さん。何回も行ったよという方。雨が多いのではと心配する方。別荘を建てたい方、等々。大勢に立ち寄っていただいたが、皆さん屋久島のことをとてもよくご存知。
まず当社の体験ログハウスに泊まって屋久島を心行くまで楽しんでいただきたい。納得して屋久島移住を決断していただけるだろう。

ふるさと回帰フェア2不動産コーナーの隣の会場では、全国の自治体から100を超える市町村が出展してそれぞれの地元をアピール。団塊世代の大量定年を控えての誘致合戦。
もともと「100万人のふるさと回帰・循環運動」は団塊世代の定年帰農やふるさと暮らしを推進する運動。団塊はどこにいても競争につきまとわれるのかも。

ふるさと回帰フェア4会場のJAビルとサンケイビルの間の通りは歩行者天国となって全国の物産展が行われていた。各地の米やら豆やらいろいろなプレゼントがあって大賑わい。地酒の試飲や産直有機野菜も出血大サービス。

ふるさと回帰フェア3先着1,000名様に秋刀魚を試食させるコーナーは夕方までサンマを焼く煙がたちこめた。
新潟産コシヒカリも1,000名だったがこちらは直ぐ終わり。同じ人数でも、ただ物を配るのと焼いて食べさせるのとではかかる時間がだいぶ違う。中には何回も並んで食べるつわものもいた模様。
(パイン)

ふるさと回帰フェア5関連記事:
→ふるさと回帰フェア

(写真をクリックすると拡大します)


人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活) ←よかったらこちらもお願いします。


posted by ミナミ at 08:15| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。