2006年11月05日

湯泊温泉

湯泊温泉111/3の記事で尾之間温泉の入浴料を最初300円と書いたのは200円の誤りでした。直ぐ指摘してくれる方もありうれしいですね。
この『屋久島発 田舎暮らし通信』ブログは、屋久島パイン株式会社屋久島支店のみーさんを主筆として本社(東京)勤務のパインがときどき寄稿しています。でも会社を代表して書いているわけではないので「パイン」という署名は今後使わずに「ミナミ」のペンネームに改めようと思います。私の好きな南の島からとったものです。

湯泊温泉2温泉の話題はまたの機会と思ってましたが、この際、屋久島の温泉(公衆的なもの)一覧を書いておきましょう。
・ 尾之間温泉 入浴料200円(尾之間・小島集落住民は区費に含まれるので無料=以下同じ理由、70歳以上100円)
・ 海中温泉 100円(平内集落住民は無料)
・ 湯泊温泉 100円(湯泊集落住民は無料)
・ 大浦温泉 300円(一湊集落住民は200円)
・ 楠川温泉 300円(楠川集落住民は200円)
・ JRホテル 600円(屋久町住民は400円、元は国民宿舎で「屋久島温泉」があった)
他にいわさきホテルも1200円で温泉に入ることができる。

湯泊温泉3写真は湯泊温泉。上は集落から見下ろしたところ。二番目の写真は入り口で、入浴料を入れる箱が設置してあるが「協力金」とある。
下二つは浴槽。男女を簡単な仕切りで区切っただけの露天風呂。おおらかなものだ。他に子供用の浅く小さな湯船もある。

湯泊温泉4最後に一昨日の記事の補足です。
写真の浴衣のお客さんたちは、尾之間温泉のすぐ近くの旅荘屋久島の宿泊客。地元の方々は写っておりません。
(パインあらためミナミ)

関連記事:
→尾之間温泉の猫〜2
→尾之間温泉の猫〜1

参考:
→六三四城 屋久島の温泉
→Takemaのあっちこっち旅日記 屋久島の温泉情報
→屋久島観光隊 屋久島の温泉・施設

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


ラベル:湯泊温泉 温泉
posted by ミナミ at 07:42| 鹿児島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 あのね。確かに楠川温泉は区民は無料・・でした。が、今は100円徴収しておるはずじゃっと!
Posted by あのね at 2006年11月11日 14:13
あのねさん、ご指摘ありがとうございます。温泉一覧の内容は、屋久島に詳しい人に聞いたもので少しデータが古かったのかもしれないです。
直接楠川温泉に問い合わせたら、いまは区民から200円いただいているとのことでした。大浦温泉(区民無料→200円)と併せて訂正します。他にも間違いがあったら教えてください。よろしくお願いします。
Posted by ミナミ at 2006年11月11日 15:19
昭和49年から4年間、屋久島は湯泊の郵便局に勤務していたころ、湯泊温泉には、毎日お世話になりました。

この写真のすぐ近くにある『先の湯』につかりながら、一日中本を読んでいた頃を、懐かしく思い出します。
Posted by おおつか at 2008年05月09日 22:36
おおつかさんはずいぶん前の屋久島をご存知なのですね。今はすっかり変わっているのです。
Posted by みー at 2008年05月10日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。