2006年11月21日

寝たきりのおばあさんヤギ

おばあさんやぎの息子寝たきりの角のないおばあさんヤギのところへチンゲンサイをもってお見舞いに行った。
一ヶ月ほど前から寝たきりになったそうだ。おばあさんが最後に生んだ息子のヤギは前髪が多く角も立派で以前よりもだいぶ成長をした。

おばあさんやぎ1おばあさんヤギは柔らかなふかふかのワラの上に横になっていた。斜めに差し込んだ太陽の光の中で毛並みはつやつやしていた。意識もはっきりあり、食欲も旺盛で、「何か食べ物を持ってきたのかい?早くおくれ」といわんばかり。差し出したチンゲンサイをペロリと食べた。おなかはパンパンに膨れていたがまだ食べ足りないようだった。

おばあさんやぎ2人間も動物も寝たきりになると誰かの手を借りなくては生きていけない。
「ヤギは寝たきりになると長く生きることがあまりないはずなのに、このおばあさんヤギは元気だよ。おなかがすくとメェーではなくてウーといって餌を催促するよ。ヤギの糞はコロコロしているので下の世話はしやすいです」と介護をする飼い主のKさん。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


ラベル:ヤギ
posted by みー at 08:03| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。