2007年01月09日

ごちょう踊り(屋久島の伝統芸能)

屋久島の代表的な郷土芸能のひとつであるごちょう踊りが、1月7日、原集落の益救(やく)神社で奉納された。
ごちょう踊り1
まるでチンドンヤさんみたいな派手な衣装で、太鼓をたたきながら掛け声をかけ踊る。全員男性で、厚化粧かお面。小さな男の子も一人混じっていた。
ごちょう踊り2
大きい太鼓と金色の鍋みたいな太鼓を打ち鳴らす。神社で記念写真を撮り踊った後、原漁港へ場所を移して皆に披露する。
ごちょう踊り3
このように伝統的で貴重な郷土芸能を踊る人が年々少なくなるそうだ。一旦は自然消滅したが数年前に復活した。私は、個人的にはチンドンヤさんが好きなので、とても好感の持てる踊りと思った。
ごちょう踊り4
「屋久町郷土誌」によると、五調(ごちょう)踊りは五調子おどりともいわれ、宮人たちが踊る壱越調、平調、双調、黄鐘調、盤渉調の五調で合わせた優雅な踊りとのこと。往時はもっと見ごたえがあったそうだ。

参考:
≫屋久島観光協会 郷土芸能のご紹介
関連記事:
≫屋久島のお正月の飲食店
≫八幡神社大祭と棒踊り

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 12:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。