2007年02月19日

屋久島の環境にやさしい車

プリウス1先月、屋久島パインはトヨタのハイブリッド車、プリウスを導入した。
環境に優しい車プリウスは、世界初の本格的ハイブリッド車として1997年11月に発売されて以来、エコロジカルカーとして人気を得ている(2003年にモデルチェンジをしている)。今年は、世界の販売台数が前年比四割増しの約43万台となるといわれている。累計販売台数は130万台に達したようだ。

パインのお客様でプリウスに乗っている方は2名ほど。特に最近のガソリン高騰により、ハイブリッド車に注目が集まる。環境に優しいばかりではなく経済的だからだ。

プリウス2ハイブリッド車とは、エンジンとモーターなど、二つ以上の動力源を複合したシステムを持つ自動車のこと。エコカーとしては、ハイブリッド車の他、電気自動車、水素自動車、ソーラーカー、CNG車などがある。
ハイブリッド車のメリットは、走行中に発電するため充電のための設備が必要ないということだ。発進時は電気モーターが駆動を担当し、急加速時にはガソリンエンジンと電気モーターの両方で駆動。滑らかな発進と、力強い加速性能を実現。優れた動力性能と低燃費化の両立を、高い次元で現実化したシステムだ。排出ガスを低減クリーン化した環境に優しい技術といわれている。

音が静かというのもメリット。しかし、それがデメリットになることも。エンジンが掛かっているかどうか分かりづらいからだ。
プリウス3また、高級なイメージがあるためと、一般の車とはシフトレバーなどの使い勝手が違うため、運転に自信がない私などは会社のこの車を気軽に乗ろうという気が湧きづらい。(パインには車が何台かあって、誰がどの車に乗るかだいたいは決まっているが、その時によって融通を利かせている。)
道路が整備された場所で遠くに行く時は最高なのだが、山道など整備されていない狭いところを通る時は向かないかもしれない。

社内では、誰が始めに車に傷をつけるかというのが関心事で、なるべく乗らないようにしようという雰囲気になっている。せっかく買ったのに。
いずれにしても環境に優しい車であることに代わりは無く、メリットのほうが多いのでこれからの時代の車といえそうだ。特に屋久島はガソリン代が高く、世界遺産の環境を守るためにも、プリウスは屋久島向きといえるかもしれない。

関連記事:
≫屋久島は車社会

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。