2007年02月24日

うこっけいの玉子〜やくしまに小野由紀子さん

うこっけいの玉子支店で飼っているうこっけいが産んだ貴重な玉子。やくしま店でどのように食べられているか、興味があり聞いてみた。
「うこっけいの卵は高価なものなので、温泉玉子にして御得意様へのお通しにするなど大切に使っています。出汁巻玉子にすると濃い目の味になります」とのこと。屋久島を愛するお客様のために、丁寧に調理されているようだ。

やくしまこの春、ビクターレコードから、屋久島の歌を発売する予定の小野由紀子さんと、プロデューサー、ディレクターなど制作関係者の皆さんがやくしまに来店された。当社に屋久杉のことを問い合わせに来られたご縁からだ。東京で屋久島というと、まず当社や、やくしま店で聞いてみようということになるのかも。

小野由紀子さん小野由紀子さんは、「他人船」など数々のヒット曲を出している演歌の実力者。作曲家遠藤実門下で、情感をこめてうたうさまは“艶歌”という言葉がピッタリする。毎年のようにレコードを出し続けているが、最近は、「花ゆき会」で歌と踊りに力を注ぎ、若手育成などプロデュース活動も行っている。今度の曲は、縄文杉など悠久の大自然が生きている屋久島を舞台にしたものになるという。
兵庫県生まれで、屋久島には一度も行ったことがないそうだが、歌をご縁に屋久島を訪れる日を楽しみにしているとのこと。

屋久島は、屋久島哀歌(エレジー)の日高正人さんをはじめ、演歌歌手を何人か輩出しているところ。つい最近も、屋久町出身の女性がデビューしたばかり。屋久島で演歌の音楽会が開かれたら、ぜひ聞きに行きたい。
(ミナミ)

参考:
≫ビクターエンターテイメント 小野由紀子
≫花ゆき会
関連記事:
≫うこっけいを飼う

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:44| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。