2007年03月27日

屋久島漁協のお魚祭り・下

体長約1m、体重約26.3kgのアカバラ(カンパチ)がセリにかけられ、どんどん値段がつりあがる。
お魚祭り6
最終的に18,000円で競り落とした人がいた。お店で買うよりも安い価格で手に入る。こんなに大きな魚、一体何人前くらいあるのだろう。お店で買うと一人前700円はするそうだ。
お魚祭り7
次にイシアラ(イシナギ)の解体が始まった。これもまた、大きな魚。26kgはありそうだ。
お魚祭り8
漁協のおじさんにこれは何ですか?と聞いたら、「魚だよ」とあっさり言われた。私が、名前は何ですか?と聞くと、はじめてイシアラと教えてくれた。
お魚祭り9
漁協の人の手でどんどんさばかれていくイシアラ。頭、アラの部分、身の部分、捨てるところがない。少しずつ分けられて、袋に入れられる。これはこの後行われる抽選会の景品。
お魚祭り10
抽選会が始まると、また人だかり。次々番号が呼ばれる。私は当たらなかったけれど、当たった人から半分もらった。
お魚祭り12
予定の時間より早い12時前に、お魚祭りは終了した。屋久島に住んでいたら魚には見慣れているはずなのに、大勢の人が集まったのだった。大きな魚の解体は見ごたえがあった。来年もあったら、また行ってみたい。

関連記事:
≫屋久島漁協のお魚祭り・上

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活)ドットネット(地域) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 17:33| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。