2007年05月30日

売られる子牛

売られていく子牛ある晴れた日、子牛(子牛といっても大きい)を3頭積んだトラックが重そうに走っていた。かわいい子牛が種子島に売られていく途中だ。(種子島でセリがある)
以前は屋久島でもセリが行われていたが、農協が統合したため種子島でやることになった。屋久島と種子島の農協は合併してJA種子屋久になった。子牛のセリは中種子町の種子島中央家畜市場で行われる。

子牛たちは、時々荷台の隙間から頭を出して悲しそうな顔をしていた。売られていく子牛を見ると、ドナドナの歌が浮かんでくる。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:06| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。