2007年06月02日

ヘリコプターで消火訓練

消火訓練15月31日(木)、山の辺りをヘリコプターが飛び交っていた。山火事を想定した消火訓練とのこと。屋久島では初めてだ。
鹿児島市から、県のヘリコプターが飛んできた。日々の暮らしの中で忘れがちな災害対策だが、離島の場合、頼りになるのはやはり本土からの応援だ。日本一多い離島を抱えた鹿児島県は、島外への避難訓練を時々行っている。上屋久町の口永良部島でも、火山活動が活発になると島外避難や消火・救助活動などの訓練が行われる。

消火訓練2消火訓練は、午前10時頃より行われた。尾之間と原の消防団の方々が参加。ヘリコプターは、一ヶ月ほど前にも発着訓練のあった尾之間JRホテル前の広場に降り立ち、モッチョム岳の山麓付近で散水訓練を実施した。
屋久島の山は湿気が多そうで苔むしているため山火事にはなりづらいと思うが、なぜか消火訓練が行われた。万が一に備えてだろうか。火災も少なく、地震もめったにない屋久島だが、無いと思っていると(何百年ごとに)来たりするのが地震。地震も山火事も無いとは言えない。こうした訓練が時々あると安心できる。

関連記事:
≫ヘリコプター発着訓練
≫緑の風ニュース: 離島の緊急時対応

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:47| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。