2007年07月06日

この木何の木?

年老いた木枯れているようで枯れていない(?)。枝には葉っぱ一枚付いていない。ゴツゴツと節だらけ。冬でも夏でもこの様子。
この木が何の木か分かる方がいたら、教えてください!

茂みからヤクシカ年老いたこの木の周りは小鳥やヤクシカが集まる憩いの場。木のある場所は島の南部。枝を四方八方に広げている。
10年以上前からあったと思う。枯れていたら倒れそうなものだが、押してもびくともしないし、倒れるふうもない。何年にもわたる台風に耐えてきた忍耐の木。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:59| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
K社員によると、それは「ふくの木」ではないかとのことです。屋久島では、畑の邪魔になるので(幹の皮を剥いて)わざわざ枯らしてしまうことがあるそうです。
名前から、幸福をもたらす木という気がしますが、ふくの木としてはネット植物図鑑などになく、「フクギ」ならあるので次のリンクを参照して、確かめてほしいところです。
http://www.pref.okinawa.jp/kodomo/kurasi/b3_01z_3.html
Posted by ミナミ at 2007年07月08日 17:10
誰かが皮をはいだ形跡はないです。近くにあと二本あります。しかしここは木があまり無いところだし近くに家が無いのでわざわざからす必要が無いと思いますが。葉っぱが生えているところを見たことが無いので良くわからないです。頑丈で台風にもたおれませんが。
Posted by みー at 2007年07月11日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。