2007年07月13日

雷対策

電線や電話線大雨と雷で、先日は停電があり電気が消えたり付いたりが何度も繰り返された。停電していた時間はそんなに長くないが、雷で送電線がやられたようだ。
雷で怖いのは、電気製品が壊れる可能性だ。雷が鳴ったら、パソコンとルーター(ADSL接続端子)の電源コードを抜く。電話線も抜く。屋久島では、誰もがやっている雷対策だ。
会社では、雷ガードのコンセントを使っている以外に特に雷対策はしていない。夜、事務所に人が居ないことが多いので、電源もいちいち抜いたり出来ない。

鉄塔雷の写真を載せたいと思って人に聞いたが、誰も持っていない。以外なことに、里に雷は落ちない。山の中の送電線などに落ちるので、停電はあっても、里に落雷で焼けた大木などがないのだ。
大雨で交通機関は乱れ、雷で生活の不便が起きる。しかし、天災なので誰かに文句を言っても仕方がないと思う。これが離島の宿命?

※屋久島での雷対策については、他の屋久島ブログにも書いてあるので参考にしてください。
(下の写真は島の各所にある携帯電話のアンテナ。雷除けがあるので落雷はしない)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:44| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。