2007年08月06日

屋久島ご神山祭り

ご神山祭り18月4日・5日、宮之浦新港で屋久島ご神山祭りがあった。青年団による昔からの納涼夏祭りだったのが、平成1年から文化的にしようと行われたのがご神山祭の始まりだそうだ。会場の港まで各集落からシャトルバスが運行するなど、屋久島では一番盛大なお祭となった。

ご神山祭り24日は、午後からご神水お水取り神事で始まった。そして、神水禊ぎ神事、火起こし神事、ご神山太鼓演奏、ミスご神山・森の精・水の精の紹介、ライブなどが続く。宮之浦港に停泊中の海上自衛隊ミサイル艇の一般公開もあり、盛りだくさんの内容だった。

ご神山祭り3午前中にはドラゴンボート大会もあったが、これはお祭とは関係なく行われた大会であった。上屋久町役場主催のドラゴンボート大会には、10人一組でボートに乗り込み舵を取る人、オールを漕ぐ人、太鼓をたたく人がいる。小学生の部、中学生の部、一般男性、一般女性の部がある。お祭と同じ日ということで目立たない行事になっていることが残念だ。

ご神山祭り4ご神山祭りは、出店、芸能大会のほか花火大会がある5日の方が人出が多い。行った人の話では、帰りは大渋滞したとか。そういえば去年も渋滞してたっけ。今年私は風邪を引いて行けなかったので、お話を聞いたり写真をいただいた。
花火大会の終わり頃、花火事故があり花火師の人が怪我をして大変なさわぎであったという。

ご神山祭り5屋久島のお祭はたいてい抽選会というのがある。抽選会をしないと人が集まらないだろうか?抽選会は楽しいけれど、お祭本来の意味とは違うような気がしてならない。
同じ5日の夕方から、小島集落でも夏祭りがあった。毎年新米が販売され、人が殺到する。他に出店が出たり、カラオケ大会などなど。ここでも抽選会がある。皆これを楽しみに集まってくる。今の時期お祭三昧でお祭疲れしている人もいるのでは。

追記:
屋久島ご神山祭り(やくしまごしんざんまつり)とは、白谷雲水峡から運ばれたご神水「益救雲水」を参加者に振りかけて無病息災を祈願する「みそぎ神事」と「ご神火おこし」がメインの行事。(鹿児島県ホームページより)
関連記事:
≫夏祭りの写真
≫花火

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 10:06| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。