2007年08月20日

屋久島徳州会病院10周年記念祭

徳州会病院ができてから早や10年。地元の人々にとって待ち焦がれた総合病院だった。地元雇用の増加など、島民にとって無くてはならないものだった。
徳州会病院記念祭1
田舎暮らしするのに気になることはまず病院、という人は少なくない。健康でいたいと誰もが願うが、時に病気やケガをすることは誰しもあることだ。入院施設があるのも心強い。
徳州会病院記念祭2
徳州会病院ができるずっと前に、総合病院が宮之浦にできる話があったらしいが、いろいろな事情で作りかけ途中で中止になったそうだ。
徳州会病院記念祭3
今は取り壊されることも無く廃屋になっているそのコンクリートの塊は、以前から屋久島に似合わない風景だと思っていた。小高いところにあるため、「あの作りかけの淋しげな建物はなんですか?」とお客様に聞かれることがあるからだ。
徳州会病院記念祭4
その徳州会病院で、8月18日、10周年を祝って記念祭があった。地元出演者による踊りや出店などの内容。宮之浦の総合グラウンドで行われた。まだ夏休み中ということもあって、家族連れの姿が目立った。
徳州会病院記念祭5
平和に、健康に、生かされていることに、感謝。

追記:
宮之浦にできる予定だった総合病院の廃屋の写真を撮ってきました。下から見上げると、ますます不気味なコンクリの塊に思える。
廃屋となった作りかけの病院
関連記事:
≫歯科医院

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:43| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。