2007年09月27日

ポタニカルリサーチパーク閉園

リサーチパーク正面屋久島いわさきホテルの直営農園、ポタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク)が今月末で閉園となる。ホテルの経営譲渡が計画されている中で、一足早いスリム化が実施されるのかもしれない。しばらく前に新聞報道があったが、地元ではこのことを知らない人も多いようだ。
土産品の並ぶロビーの受付カウンターとパークに併設されているレストランの間が園の入口だ。そこから先は料金が必要となる。閉園前のパークの様子を記憶に留めようと、入場料千円を払って見学した。

トローキの滝右手すぐの温室は、屋久杉や屋久島石楠花など高山植物の自生する山の気候と、蝶の館とマンゴーやスターフルーツなどの実る熱帯果樹園の里の気候の、二種の気温に設定されている。外にはパイナップル畑が広がって、甘い香りを一面に漂わせていた。
パパイヤ、パッションフルーツ、グアバ、バナナ、柑橘類その他の畑や花々が配置された園内を進むと、絶好のヴューポイントが現れる。鯛の川の崖上から、トローキの滝が見下ろせる。海に直接注ぐ滝はとても珍しいそうだ。
モッチョム岳を遠景にして、屋久島の浮かぶ東シナ海の水平線をぐるりと眺めるのはとても気持ちが良かった。いわさきホテルの経営が他所へ移っても、リサーチパークの再開を早くして欲しいもの。今週いっぱい開園しているのでお早めに。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:52| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。