2007年10月05日

ヒッチハイカー

ヒッチハイクの大学生先月来島したときのこと。原の支店から宮之浦に向かっていたら、船行の辺りで県道を走る車に手を上げている若者がいた。ヒッチハイカーだ。慌てて止まったら、一湊まで行きたいと言う。宮之浦までの約束で乗せてあげた。
名古屋の大学生Kさん(お名前を失念してごめんなさい)は、夏休みを利用しヒッチハイクで屋久島に来たと言う。「寅さん」シリーズで有名な山田洋次監督の映画「十五才 学校IV」を観て、自分も試したいと思ったそうだ。学校シリーズ第四作は、15才の不登校児が横浜から屋久島までヒッチハイクするというストーリー。
宮崎駿監督のアニメ映画が好きで屋久島にあこがれていた、太忠岳にも登ったと言うKさんは、さわやかな青年だった。

屋久島は、周囲が約130kmもある大きな島だ。昔は島の反対側へ行くのに山を越えて何日もかけたらしいが、今は車で2時間もかからない。一家に車が二台以上あるのは普通。観光や仕事で来島し、レンタカーを借りる方が多い。(最近レンタカーが増えている)定期バスは、車を運転しない人には貴重な足だが、本数が少なく意外と不便。学生さんの休みのときなどはヒッチハイクをする人が増えても不思議は無い。
東京へ帰る日に別のハイカーを見かけたが、立寄り先の予定があり今度は止まってあげられなかった。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 09:52| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。