2007年11月26日

アイランダー2007

11月24日・25日に東京池袋で行われたアイランダー2007に参加した。当社やくしまのパンフレットを配るついでに、NPO緑の風の屋久島移住体験ツアーを案内したいと思ったからだ。
アイランダー2007(屋久島)
田舎暮らしの本の出展ブースの一隅を、編集長佐藤氏のご好意で借りることができた。本来は、屋久島町として役場から申し込めば、専用ブースが割り振られたはず。長島甑島、三島、種子島、十島、奄美群島、与論島と、鹿児島県の主だった島は全て出展していて、来場者から「屋久島はどこに出ているの」という声を聞いた。
アイランダー2007(宝島社)
ちなみに、アイランダーへの出展料は無料で、東京への交通費と宿泊費は自分持ち。県と各地域の離島振興協議会で各島の出展を取りまとめる。県のブースにパンフレットを置いてもらえて感謝。
アイランダー2007(鹿児島県)
大半の島は職員さんが出張で来ているようだったが、種子島は役場の方は居らず、種子島U・Iターンサポートセンターの方4名で参加とのこと。
アイランダー2007(種子島)
十島ブースは、2009年皆既日食のイベント・ツアーとトカラ列島の観光案内。
アイランダー2007(十島)
三島は、若い男女によるジャンベ(西アフリカの太鼓)のリズムで賑わっていた。写真を撮ったのは午前中なので人がいないが。
アイランダー2007(三島)
奄美は、島も大きいけれどブースも大きく、タンカンの木オーナーや移住の紹介のほか、黒糖焼酎など島の特産品の展示販売も。
アイランダー2007(奄美)
特設ステージでは、出展の全国の島から、島自慢の太鼓や踊りやバンドやトークショー等々が行われた。永志保さんの島唄ライブも。
アイランダー2007(島歌)
屋久島の祭りでお馴染みのフラダンスは、沖縄でも盛んの様子。島民謡や三線とハワイのダンスがこんなに合うとは知らなかった。奄美は琉球の文化圏だが屋久島はそうではない、とつくづく思う。歌と踊りがぜんぜん違う。
アイランダー2007(フラダンス)
昨年と異なり、今年は宣伝する側の立場で参加したので、最後の閉会式まで居ることになった。写真は、主催の国土交通省の方のご挨拶。
アイランダー2007(閉会式)
来年は、“屋久島ブース”で心行くまで島を案内したいものだ。
(ミナミ)

関連記事:
≫アイランダー2006

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 13:49| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。