2007年11月19日

東京から屋久島へ

ロケット東京から屋久島へ来て、一ヶ月滞在をされたYさんご夫妻。ご主人54歳、奥様48歳。当社の田舎暮らし体験ログハウスに住みながら土地探し。
奥様は、休みが一週間しか取れないとのことで先に帰られた。ご主人は、毎日釣りへ行く。

マルコバンアジ「正直言って、屋久島では釣りは期待していなかったので、持参してきた竿は小さい魚用。岩場より安全な堤防釣りを楽しみました。
安房の堤防釣りは最高です。下が砂になっているので、ロケット(おもりの役目をする)という仕掛けをつけて投げます。屋久島でロケットの仕掛けは売ってないですね。

エバ東京から持参したロケットの先に、キビナゴなどの餌をつけて獲物を狙います。2キロのエバが喰らいついて来ました。細い釣竿で釣っているので、地元の人が驚いていました。小さい魚が捕れた場合は、逃がします。
時には、いたずら好きのフグも釣れました。大きさ50センチくらい。フグはどこでも釣れる。毒が無く食べられるようでが、こいつは逃がしました。

サバヒー東京湾では持ち船で釣りに行っていますが、屋久島の海はとてもきれいなので驚きました。こちらに住んだら船を持ちたいですね。
東京では、アパート経営と自動車修理工場を経営しています。屋久島は人が素晴らしいです。会う人会う人皆、親切に打ち解けてくれます」

体験ログハウスでは自炊生活をしていたYさんだが、ほとんど毎日新鮮な刺身や魚料理で過ごしたそうだ。
(釣果の写真は上から、マルコバンアジ、エバ、サバヒー)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 11:25| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。