2007年12月01日

最近読んだ本は、

実験の本「魔法の科学実験」山村紳一郎著、日本実業出版社1300円。
子供向けの実験の本だが、大人が読んでもこれは面白い。本の中で、「突然、水が凍り始める」という実験がある。氷ができていく様子が、数秒間で見られるというもの。できつつある氷を、目の前で一瞬に見ることが出来る方法が書かれてある。

カップメンの容器に氷と塩を入れて、そこへペットボトルに水を入れたものを入れる。ペットボトルの中の水温がマイナス4℃になったら、ペットボトルを静かに取り出しそこへ氷のかけらを入れると、ペットボトルの中の水が見る見る凍ってしまう。普通の状態では徐々に凍るので氷になるまで時間が掛かるが、この実験では、全体を静かに均一に冷やして行くと水のどの部分も過冷却という大変バランスの崩しやすい敏感な状態になっており、そこへ氷をいれるというわずかな刺激を与えると一気に氷に変化する。(「魔法の科学実験」より引用)
他にも、子供の興味を引くいろいろな実験の話が書かれている。今、理科離れという言葉を聞くが、この氷の実験はなんと私が小学生の頃にもやったことがあるものだった。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 06:56| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。