2008年01月23日

山のトイレ

南日本新聞と町報の切抜きこの所、山のトイレが話題になっている。
一つは「トイレ管理募金」。屋久島で登山客が使うトイレのし尿処理費を工面するため、行政や観光団体で作る屋久島山岳部利用対策協議会は、4月から一口500円の募金を始める計画をまとめた。
山岳部にあるトイレは現在6箇所。車などが入れないためほとんどは搬出できない。そのため近くに埋めて処理している。登山者が集中するゴールデンウイークや夏休みは、し尿が大量発生し、悪臭や植物への悪影響が懸念されていた。県環境保護課によると、屋久島町荒川、淀川の両登山口に無人の募金箱を設置するほか白谷雲水峡、ヤクスギランドなどの観光施設や町役場にも受付窓口を設け広く協力を求める。
募金の支払いは任意。支払った人には証明書を発行。2006年の入島者は約33万人。募金による収入見込みは年間約4千万円。屋久島町が基金として積み立て、事業者に搬出を委託する仕組みという。(1月16日南日本新聞から抜粋)

二つ目は「バイオトイレ」。1月の町報には、自然環境保全のため旧小杉谷山荘跡地に11月15日バイオトイレ設置という記事も載っていた。
このトイレは、屋久島の自然環境保全の一環として(株)阪急交通社の寄付により設置された環境保全型トイレで、(株)山佐木材、(株)屋久島電工、(株)九電工各社の支援と協力により完成した。糞尿などの成分はほとんどが水分であるためオガクズに吸水させ、加熱しスクリューで撹拌し、蒸発することなく処理。(こうすると臭わない)特別な菌は使わず、糞尿に含まれる腸内細菌と自然界に生息している微生物の働きで分解処理するという。(屋久島町報1月号から抜粋)

山のトイレに関することは、長年の課題であり避けて通れない問題だった。今後少しずつ解決していくことができればと思う。臭いものに蓋をしない積極的な取り組みが必要だということは多くの人が思っていても、なかなか口にできない話題ではあった。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 07:36| 鹿児島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山のトイレの汚物は人力で里に下ろして処理することになっている。山の中に廃棄はしていないと町は言っている。なぜならその費用を請負業者が受けておこなっている。もし山の中で廃棄しているなら、請け負った会社は、机の前で頭を下げなければならない。請負業者はどこだろう。
Posted by 小川 靖則 at 2008年01月23日 18:08
自分が大好きな山小屋に”バイオマストイレ”が設置してあります。素晴らしいことに全くいやな匂いが無くて自己完結型のトイレです。http://www.em-biomass.jp/merit/に載ってますが本当に素晴らしいです。山小屋が単体で設置できるのですから町ぐるみで行ったら全てのトイレに導入可能だと思うのですが。自然を守り、観光資源としても大切な山なのですから。紙を流せないなど少しだけ制約がありますが、バイオトイレを使ってみた感想は”素晴らしい!”の一言です。
Posted by 木村勝実 at 2008年01月23日 20:48
新聞に書いていたことなので請け負い業者のことまではわからないが。ところで人力で里に下ろしている人は誰ですか?現在すでにそうされているのでしょうか?
Posted by みー at 2008年01月24日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。