2008年01月24日

山のトイレ続編

南日本新聞2008年1月16日記事トイレの話題が盛り上がっていて(?)恐縮です。「汚物は人力で里に下ろすと町が言っている」とコメントにあったので、し尿を山から担いで下ろしている写真が昨年の南日本新聞の記事にあったことを思い出した。
県の環境保護課に聞いてみたら、2006年頃からし尿処理の問題を関係団体間で話し合ってきて、昨年5月に実地試験を行なったとのこと。今回の記事(右の写真をクリックすると拡大)では経緯を説明していないので、町の説明との関連が私にもよくわからなかった。ちなみに、町役場は環境政策課が担当。
4月から募金を始めゴールデンウィーク後に1回目の処理を実施したいそうだが、募金が予定通り集らない時は年間の処理回数を減らさざるを得ない、と県の担当者は話す。
今まで埋めたり垂れ流しにしていたし尿を、キャパシティを超えてしまった以上、山に放置しないで処理する必要がある。かかるお金は山に入る人から集めるのが自然。屋久島が山を守る努力をすれば、それは皆に認めてもらえるだろう。事業の目的ややり方を地元にも来島される観光客にもわかりやすく説明すれば、募金の趣旨も理解してもらえよう。何か意見がある場合は、募集しているので遠慮なく言ったらよいと思う。
事業の説明ファイル(PDF形式)が、県のホームページに置いてある。
(ミナミ)

関連記事:
≫山のトイレ

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 17:00| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハタ工房の籏谷と申します。
山のトイレ問題に関心をもっていまして、メールさせて頂きました。
従来の携帯トイレの問題点を解消した新タイプの携帯トイレを作りました。
少しでも快適に排泄処理が行なえることでし尿による環境破壊の歯止めになれば嬉しいです。
屋久島でのその普及を望んでいます。協力して頂けるパートナーを探しています。
まずは、上記hpをみていただけないでしょうか。
 初めてメールさせて頂き失礼しました。宜しくお願いします。
         ハタ工房 籏谷 貞夫
 
 








Posted by 籏谷 貞夫 at 2011年07月04日 18:16
旗谷さんのURLです。http://members3.jcom.home.ne.jp/kkmusasi/

皆さん見てください。
Posted by みー at 2011年07月04日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。