2008年03月31日

雨の日は激流

このところ雨が降ったり寒かったり、桜の季節は天候が安定しない。屋久島に雨が降ると、川は水で溢れる。
増水した雷神滝
上は雷神の滝。大雨の中、カメラをちょっとだけ濡らしながら撮った。普段は適度な水量の滝が、増水し地響きを立てて落ちている。吼えまくる川の神、山の神の有様。瀑流と呼ぶに相応しい。下の写真と比べると凄さがわかる。滝を見つめていると引き込まれそうで怖くなる。
雷神滝
雷神滝は、島の南部を流れる鯛の川(たいのこ)の下流にある。鯛の川には、一枚岩のスラブを落ちる千尋滝(中流)や、海に落ちるトローキ滝(河口)など観光名所が並ぶ。
1月の移住体験ツアーのとき、お弁当を食べ一休みした二又川の大岩のテラスの上まで水が溢れていた。降らないときの涸沢(かれさわ)状態と違いすぎ。雨が上がっても、間近に見えるはずのモッチョム岳は雲の中。
増水した二又川
二千メートル級の山々が連なる屋久島の川は、高低差があり急流だ。山にたくさん降る雨はすぐ海に流れ落ちる。川魚が少ない一因だが。
大雨で激流の日、島人は川に近づかない。カヌー遊びのガイドさんもお休み。みな安全第一を考えている。
(ミナミ)

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 22:14| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。