2008年04月04日

不動産登記コンピュータ化

新謄本鹿児島地方法務局屋久島出張所では、平成20年2月18日から不動産関係の登記事務がコンピューター化された。これで屋久島もコンピュータ庁(コンピュータシステムにより登記事務を行っている登記所)となった。登記簿を取ってみると、縦の手書きのものが横書きの活字表示に変わり、紙質もいままでのものより良くなっていた。
従来島外から屋久島の不動産登記簿謄本を取るには、郵送で行ない時間がかかったが、コンピューター化されているところであればどこでも取れるようになり、大変便利になった。屋久島から他地域の法務局(コンピュータ庁であれば)の管轄する土地・建物の登記事項証明書も簡単に取得できるわけだ。
閲覧制度も、謄本の原本を閲覧する形から、登記事項要約書の発行という形に変更になった。

人気blogランキング ←1日1クリック!応援よろしくお願いします。
くつろぐブログ村(地域生活-鹿児島)ドットネット(地域-九州) ←こちらもお願いします。


posted by みー at 08:26| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。